障害者で友達0、彼女ナシで5年間1日2発のオナ猿だった私が180日でオナ禁100日達成した秘密のオナ禁法!!

中学2年の頃から17歳まで、オナニー1日平均2回していた私が、自慰行為を辞めて自信と行動力を培ったテクニックを、約200ページのPDFデータにまとめました。現在ライン@にて直接オナ禁の無料相談も承り中!!詳しくはブログトップの記事をご覧ください

【オナ禁1ヵ月超え必見】スーパーサイヤ人状態の人がオナ猿に陥りやすい最大の原因!!

オナニー 原因





 んにちは。

ケイタです。

 

 

 

今日は、オナ禁を継続させるには、

自信が必要不可欠と思われていましたが、

実は自信が仇となるというパターンもある

という事実をあなたは知ってましたか?

 

 

 

それはでは一体どんな状況をさすのか、

今回説いていきます。

 

 

 

 

今回の記事を読むことで得られるメリット

 

オナ禁継続の自信とリセットにおける危機管理の バランスを理解できます。

 

 

 

今回の記事を読まないと起こりうるデメリット

 

自信をつけすぎたあなたは、たとえ100日行ったとしても 初心を忘れ、再び毎日オナニーに 夢中になってしまう日々がやってくるかもしれません。

 

 

過ぎた自信は身を滅ぼす

スーパーサイヤ人

 

ではあなたが、

もってはいけない

行き過ぎた自信とは何でしょうか?

 

 

 

それはズバリ、

過信です!!

 

 

 

オナ禁1ヶ月以上続いた経験のある人は、

自信が生まれやすく、

それが行き過ぎてしまう傾向があります。

 

 

 

「過信は確かに危険かもしれないが、

具体的にどう危ないのだろうか?」

 

 

 

では分かりやすい例を交えて、

説明いたしましょう。

 

 

過信は継続を怠ると言う実証データ

データ

 

 

アメリカマサチューセッツ州ののある実験で、

禁煙開始から3週間を過ぎた人を対象にしたとある

実験がありました。

 

 

 

その実験では、対象者の人々に、

「タバコを吸いたい欲求に駆られた際、

どれそれを抑えられる自信があるか」

 

 

 

 

「タバコを吸いたい状況を作らないよう

積極的に取り組んでいるか」

と言う2つの質問を投げかけました。

 

 

 

 

その結果、

「タバコの欲求に勝てる自信がある」

と答えた人々ほど、

 

 

 

タバコを吸いたくなる状況を作らない行動には

取り組んでないというデータが検証されたのです。

 

 

 

そして数ヵ月後、先ほどの対象者の人々に

「禁煙は継続できているか」

とアンケートを取ったところ、

 

 

 

タバコの欲求に勝てると言いつつも

タバコを吸いたくなる状況を

作ろうとしてなかった人々は

さっぱり禁煙が続いていなかったのです。

 

 

 

逆にタバコの欲求に対して不安で、

その欲求が起こらないための

対策を取り組んでいた人々のほうが

禁煙は長く続いていたというデータが取れました。

 

 

 

 

 

不安で自信のないほうがオナ禁が続く!?

ピッコロ



 

 

つまり、オナ禁においても

なまじ日数を重ねると、

日に日に油断が増し、

 

 

 

オナ禁日数が続かない

負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

 

 

逆に不安はある方が、

そのリスク(リセット)を避けるために、

エロ禁や筋トレ、ランニングなどの

 

 

 

対策を施策して、

日数が伸びていくと言うわけです。

 

 

 

オナ禁が出来ると

自信を持つことは大事ですが、

自信が過信、油断にならないよう、

その施策を怠らないようしなくてはなりませんね。

 

 

 

まとめ 

まとめ



 

オナ禁を継続していると、

1ヶ月越えたあたりから性欲的にも落ち着き、

スーパーサイヤ人状態にも陥る為、

自信が生じやすいです。

 

 

 

そのため油断、過信にも陥りやすく、

日々のリセット対策を怠ると

いつオナ猿に転落するか分かりません。

 

 

 

オナ禁1ヶ月超えたあなたは、今すぐ

このブログ上部メニューの

「はじめての方へ」項目を読み、

 

 

 

トップページで配布している

オナ禁マインドセットPART1&PART2

を読み直し、初心に帰りましょう。

 

 

 

 

ケイタ