障害者で友達0、彼女ナシで5年間1日1発のオナ猿だった私が180日でオナ禁100日達成した秘密のオナ禁法!!

中学2年の頃から17歳まで、オナニー1日平均2回していた私が、自慰行為を辞めて自信と行動力を培ったテクニックを、約200ページのPDFデータにまとめました。現在ライン@にて直接オナ禁の無料相談も承り中!!詳しくはブログトップの記事をご覧ください

オナ禁すると、あなたの1日が26時間に増えます!!

f:id:keita0206:20181107172448j:plain

んにちは

 

 

 

ケイタです

 

 

 

オナ禁、してますか?

 

 

 

 

今日は、オナ禁をすると

あなたの1日の活動時間が

増えることをお伝えします。 

 

 

 

私はこのオナ禁効果のおかげで、

一日の活動時間が約二時間

増えました。

 

 

  

あなたもこれを知って

オナ禁を習慣付けられれば、

今以上に趣味や自分磨き、

人付き合いに時間を使えるでしょう。

 

 

 

 

逆に知らずにオナ二ーし続けると、

時間が増えるどころか

一日のパフォーマンスも

どんどん悪化してしまいかねません。

 

 

 

そのオナ禁効果とは、ズバリ

短い睡眠時間で目覚めがよくなる

ということです。

 

 

 

 

 

 

ではなぜ短い睡眠で

スッキリ起きられるのでしょうか?

答えはシンプルで、

無駄なエネルギー消費が減るからです。

 

 

 

 

 

↓↓↓↓↓↓このブログについて私が解説した動画↓↓↓↓↓↓

www.youtube.com

 

 

 

 

 

当たり前ですが、

夜遅くまでへとへとに働いて寝た日と、

夜早めに寝た日とでは、

翌朝どっちがスッキリ起きられるでしょう?

 

 

 

当然、早めに寝た後者の方が

朝も起きやすいですよね?

それはエネルギーの消耗が少ない分、

充電時間も短いというだけのことなのです。

 

  

 

スマホも、電源0パーセントの状態と

50パーセントの状態を

同時に充電すれば、

 

 

 

当然50パーセントの方が

早く100パーセントに充電されます。

 

 

 

つまり、オナニーとは

エネルギーと時間の浪費に過ぎないのです。

 

 

 

オナニーのし過ぎは、

時間の浪費だけに留まらず、

しっかりと充電(睡眠)を取れてなければ、

 

 

 

日中頭がボーっとしたり、

眠気に襲われたりなど

パフォーマンスも大幅に下がってしまいます。

 

 

 

  

 

ではどうすればオナニーに

睡眠時間を削られず、

早く寝られるのでしょうか?

 

 

 

 

私が実践していた方法では、

逆目覚まし時計がとても有効でした。

 

 

 

 

名前からどんなものか

連想できそうですが、ようは

 

 

 

寝る時間に目覚まし時計を

セットするというものです。

 

 

 

セットした時間に目覚ましがなったら

私はすぐ寝るようにしていました。

 

 

 

 

「何だそんなものか」と思いました?

 

 

 

 

でもこの方法、意外と緊張感があって、

目覚ましをセットすると

「あと○時間で寝なければいけない」

 

 

 

という気持ちが

オナニーの誘惑を抑えてくれます。

 

 

 

  

物事に気持ちが伴うのは、

行動からです。

 

 

 

なるべくうるさい

目覚まし時計を使ったり、

2つ以上の目覚まし時計を

あわせて使ったりなど、

 

 

 

自分に合ったやり方で実践してみましょう!!

やってみた方は良ければ感想も聞かせてください。

 

 

 

【お知らせ】
 ※現在5,000円相当で
200ページのボリュームに及ぶ
オナ禁PDFを、期間限定で配布してます!!
詳しくはブログTOP記事をご覧ください!!

 

 

 

 

ここからオナ禁100日達成無料PDFを受け取る!!