障害者で友達0、彼女ナシで5年間1日1発のオナ猿だった私が180日でオナ禁100日達成した秘密のオナ禁法!!

中学2年の頃から17歳まで、オナニー1日平均2回していた私が、自慰行為を辞めて自信と行動力を培ったテクニックを、約200ページのPDFデータにまとめました。現在ライン@にて直接オナ禁の無料相談も承り中!!詳しくはブログトップの記事をご覧ください

オナニー中毒者とオナ禁者の筋トレ効果は天地の差!!その理由は○○にあり!!

f:id:keita0206:20181107182651j:plain

んにちわ。

 

 

 

ケイタです。

 

 

 

 

前回の記事ではオナ禁に

有酸素運動(ランニング)

は欠かせないとお話しましたね。

 

 

 

 

 

オナ禁中の有酸素運動は、

オナ禁のストレスやジヒドロテストステロンを

排出する為に欠かせませんが、

 

 

 

 

 

今回はオナ禁と無酸素運動

(筋トレ)の関係について見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まず筋トレをしている、

もしくはしようとしている人に

伝えたいことがあります。

 

 

 

 

 

筋トレをするならば、

オナ禁もセットにしてください!!

 

 

 

 

 

オナニー中毒の人が筋トレをするのと、

オナ禁者が筋トレをするのでは、

段違いの差が発生するのです。

 

 

 

 

↓↓↓この記事を私が解説した動画↓↓↓

 

 

 

 

 

 

 

それにはテストステロンという

ホルモンが大きく関わってきます。

 

テストステロンとは、

前回の記事で話したヒジドロテストステロンと

全く相反する存在であり、その効果は

 

 

 

 

・筋肉増大

・バイタリティーの増大

・骨格の発達

・記憶力が上がる

・太りにくい体になる

などなど・・・

 

 

 

 

 

ジヒドロテストステロンと

180度違いますね。

 

 

 

 

 

さらに、この2つのホルモンの

特徴として、

 

 

 

 

 

テストステロンが増えると

ジヒドロテストステロンが減り、

 

 

 

 

 

 

テストステロンが減ると、

ジヒドロテストステロンが増えます!!

 

 

 

 

 

 

そうです、この2つのホルモンは

反比例するのです!!

 

 

 

 

 

 

このテストステロンというホルモンは、

主に運動(筋トレやランニング)

することによって高く維持されます。

 

 

 

 

 

しかしオナニーをすると、

ヒジドロテストロンが増加=テストロンが減少

 

 

 

 

 

ということが起こってしまいます。

 

 

 

 

 

 

つまり、せっかく筋トレで

テストステロンを高めても、

オナニーばっかりしていると、

 

 

 

 

 

テストステロンは減少してしまい

(逆にジヒドロテストステロンは増え)、

 

 

 

 

 

プラスマイナスゼロ、

もしくはマイナスの状態に

なってしまうということです!!

 

 

 

 

 

 

まるでおっさんが汗水流して働いても、

そのストレスから給料の全てを

パチンコや酒代に溶かしてしまう、

そんな状態に似てますね・・・。

 

 

 

 

 

というわけで・・・

 

 

 

 

筋トレで筋肉をつけるのなら、

オナ禁もセットにしましょう!!

 

 

 

 

 

じゃないと本末転倒になってしまいます。

 

 

 

 

 

筋トレは、

ランニングとも組み合わせると

オナ禁に対しても非常に効率的なので、

「オナ禁したいし筋肉をつけたい」

 

 

 

 

 

という人は筋トレランニング

という流れで組み合わせてみてください。

 

 

 

 

 

【お知らせ】
 ※現在5,000円相当で
200ページのボリュームに及ぶ
オナ禁PDFを、期間限定で配布してます!!
詳しくはブログTOP記事をご覧ください!!

 

 

 

 

f:id:keita0206:20180610191448j:plain

オナ禁戦 士 ケイタ