障害者で友達0、彼女ナシで5年間1日1発のオナ猿だった私が180日でオナ禁100日達成した秘密のオナ禁法!!

中学2年の頃から17歳まで、オナニー1日平均2回していた私が、自慰行為を辞めて自信と行動力を培ったテクニックを、約200ページのPDFデータにまとめました。現在ライン@にて直接オナ禁の無料相談も承り中!!詳しくはブログトップの記事をご覧ください

【自宅で出来る】オナニーの中毒性を中和する最善のオナ禁法!!

f:id:keita0206:20181003145948j:plain

んにちは。

 

 

 

 

ケイタです。

 

 

 

 

オナ禁、してますか?

 

 

 

 

今日は万が一オナニーしてしまった場合の、応急処置方法をお話していきます。

 

 

 

この内容を知れば、あなたは万が一オナニーをしてしまっても、1回きりでオナニーを抑えられ、また明日からオナ禁ファイターとして再度復活できるでしょう。

 

 

 

 

 

逆にこの方法を知らないと、あなたは1度のオナニーでまるで沼地にはまったかのように、2度目3度目と引きずってしまい、オナ猿にリバウンドしてしまうかもしれません。

 

 

 

 

 

ではその、オナニー後の応急処置とは何でしょう

それは、

オナニーしたら汗をかくということです!!

 

↓↓↓この記事を私が解説した動画↓↓↓

 

 

 

 

 

そもそもオナニーを行うと、ジヒドロテストロンという、オッサンホルモンが分泌されます。

 

 

 

 

 

このホルモンはまさにオナニーの悪効果の元凶ともいうべきもので、分泌されると

 

 

 

ハゲ易い、無気力化、肌が荒れる、体力の消耗など、嬉しくない特典が盛りだくさんついてきます。

 

 

 

このホルモンが蓄積されていくと、どんどんあなたの心と体に上記のようなおっさん化減少が起こり、

惰性にふけり、2発目、3発目が誘発される可能性が極めて高いです。

 

 

 

 

なのでこのホルモンは、オナニーしたらすぐに排出しなければなりません。

 

 

 

 

それには汗をかくのが一番良いのです。

 

 

 

 

尿でもヒジドロテストロンは排出されますが、汗は尿の6倍の排出力があるので、汗をかいてヒジドロテストロンを出すのをオススメしています。

 

 

 

 

具体的なやり方は、オナニーしてしまったら、お風呂に浸かったり、ランニングして汗をかいたりなどが挙げられます。

 

 

 

オナ禁において、オナニーというリバウンドを行ってしまった為に、オナ禁の道から姿を消してしまった者は数知れずです。

 

 

 

 

万が一オナニーをしてしまったら、汗をかいて、ジヒドロテストロンを撃退しましょう!!

 

 

【お知らせ】
 ※現在5,000円相当で
200ページのボリュームに及ぶ
オナ禁PDFを、期間限定で配布してます!!
詳しくはブログTOP記事をご覧ください!!

 

 

 

f:id:keita0206:20181024161206j:plain

 

 

 

ケイタ