障害者で友達0、彼女ナシで5年間1日2発のオナ猿だった私が180日でオナ禁100日達成した秘密のオナ禁法!!

中学2年の頃から17歳まで、オナニー1日平均2回していた私が、自慰行為を辞めて自信と行動力を培ったテクニックを、約200ページのPDFデータにまとめました。現在ライン@にて直接オナ禁の無料相談も承り中!!詳しくはブログトップの記事をご覧ください

オナニーよりも危険なのは、〇〇だった・・・

f:id:keita0206:20180930160826j:plain

んにちは。

オナ禁戦士ケイタです。

オナ禁してますか?

 

 

 

 

さて、今回は、オナ禁の根底を

ひっくり返すような内容を

語ってまいります。

 

 

 

オナ禁において、

オナニーをしないのは当たり前。

 

 

 

しかしオナニーをやらない以前に、

もっと行動を控えなければならない事柄が

あるのです。

 

 

 

今回はそのことについて、

データや根拠を元に

説いていきます。

 

 

 

この記事で得られるメリット

 

オナニーよりむしろ、その元となるものの方が よほど有害性が高いと、 データと論理を元に知ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オナ禁してても●●してるとセックス出来なくなる!?

f:id:keita0206:20180930161001j:plain

 

 

 

さてここで入ってくるキーワードは、

一体なんでしょう?

 

 

 

はい、このブログをよく読まれている方ならもうお察しの通り、

エロ動画、エロ画像などの

いわゆるポルノです。

f:id:keita0206:20180930161124j:plain

 

 

 

 

 

 

なぜポルノが、オナニー以上に危険なのか、

それは以下リンクに書かれている研究で、

明らかになっております。

 

www.carenet.com

 

 

 

 現実の性行為よりもポルノを好む若い男性は、人との性交ができなくなる可能性があると、新たな研究で報告された。米ボストンで5月12~16日に開催された米国泌尿器科学会(AUA)年次学術集会で発表された調査結果によると、ポルノ依存症の男性は勃起障害(ED)の有病率が高く、セックスに満足できる確率が低いという。

 今回の研究では、米サンディエゴの泌尿器科クリニックを受診した20~40歳の男性312人を対象に調査を実施した。その結果、「セックスよりもポルノを見ての自慰行為を好む」と回答した男性は3.4%に過ぎなかったが、ポルノ依存症と性機能不全との間に統計的に有意な関連が認められた。

 研究を率いた米サンディエゴ海軍医療センター(NMCSD)のMatthew Christman氏は、「この年齢層では器質的原因によるEDは極めて少ないにもかかわらず、EDが年々増えている理由を明らかにする必要がある」と話す。

 

 

 

 

つまるところ、ポルノを見ると、

チンコが勃たなくなる

という危険性が高く、

 

 

 

それは年々危険性を

増しているということなのです。

 

 

 

 

元々本来、EDになるのは40代50代の男性が

普通なのですが、

20代でEDになるというのは、

通常ありえないのです。。

f:id:keita0206:20180930162655j:plain

 

 

 

 

 

 

●●を見ると、抜け出せなくなる理由

f:id:keita0206:20180930162845j:plain

 

 

 

 

 

ポルノを見れば見るほど、

簡単にやめるのは容易ではなくなってきます。

 

 

 

それはあなたも、痛いほど分かっていること

でしょう。

 

 

 

私も、過去何度エロ動画の誘惑に苦しめられたか

分かりません。

 

 

 

ではなぜ、

人はポルノの誘惑から抜け出せないのでしょうか?

 

 

 

 

これについて、

興味深いデータが、

先ほどのリンクページにも書いてありました。

 

 

問題は依存の生物学的メカニズムにありそうだという。同氏は、「性行為は依存性薬物と同じように脳の『報酬系』回路を活性化し、その結果として自己強化行動や反復行動に至る」と説明。特にインターネットのポルノはこの回路を平均以上に刺激することが分かっており、見すぎると麻薬のように「耐性」がついて現実の性行為に反応しにくくなり、ますますポルノに依存するようになる。ポルノを好むことと性機能不全の関連も、この耐性によって説明できる可能性があるという。

 

 

 

 

つまりポルノは、セックス以上に

その行動を強化する力、

繰り返す力が強く、

 

 

 

見れば見るほど、

明日もみよう、明後日も見ようと、

魔の継続力の要素を隠し持っているのです。

 

 

 

見れば見るほど、

現状維持に留まらず、

さらに見ようという欲求をかきたてる。

 

 

 

そしてポルノは、

無限性、無料、偏在性(いつでもどこでも見れる)

という、他の薬物に備わってない性質を

いくつも持っています。

 

 

 

我々オナ禁戦士は、

このポルノの脅威に、

もっと深刻に考えるべきではないでしょうか?

 

 

 

 

 

 

●●はむしろ麻薬

f:id:keita0206:20180930162050j:plain

 

 

 

ポルノは言わずもがな、

麻薬の一種です。

 

 

 

実はポルノのもうひとつの性質として、

「耐性がつきやすい」

というのがあります。

 

 

 

「耐性」と聞くと、

エロに対する耐性と捉えがちですが、

そうではございません。

 

 

 

要は目が肥えていく

というような内容のことで、

 

 

 

エロ動画やエロ画像を、

たくさん見ていると、

段々普通の内容では満足できなくなっていき、

 

 

 

ソフトプレイからハードプレイ

ハードプレイから痴漢モノ、

そしてさらには

レイプやスカトロ系など、

 

 

 

段々エスカレートしていく可能性があるのです。

 

 

 

そして普段の日常生活の中でも、

エロい事ばかり考えるようになり、

勉強や仕事、

考え事に集中できない可能性が増してきます。

 

 

 

ポルノは健康よりむしろ、

正しく考える力を奪う魔力を

備えているのです。

f:id:keita0206:20180930162227j:plain

 

 

 

 

 

オナニーよりむしろ、●●してる方がヤバイ・・・

f:id:keita0206:20180930162258j:plain

 

 

 

総括すると、

オナニーして、貴重な体力や

時間を垂れ流すのはもちろんヤバイのですが、

 

 

 

エロ動画やエロ画像を見て、

オナニーしているのは

もっとヤバイということです。

 

 

 

どうしてもオナニーを止められないという人は、

まずはエロ動画をやめて、

妄想だけのオナニーにとどめてみるのはどうでしょう?

 

 

 

 

 

 

ちなみにエロ動画を見るのをやめたら、

EDが回復したという例もあります。

 

 

 

今すぐエロ視聴を、

やめなさい!!

 

 

 

 

【お知らせ】
 ※現在5,000円相当で
200ページのボリュームに及ぶ
オナ禁PDFを、期間限定で0円配布してます!!
詳しくはブログTOP記事をご覧ください!!

 

 

 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ここから有料オナ禁マニュアルPDFを受け取る!!

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

 

 

 

 

f:id:keita0206:20180610191448j:plain

ケイタ